FC2ブログ

記事一覧

2019年6月23日(日) 甲南へらの池  チームTIC巧の例会(ゲスト参加)

20190623 (1)
6月23日(日)は久しぶりに滋賀県甲賀市にある甲南へらの池での「チームTIC巧」さんの
例会に釣友と参加して来ました。

20190623 (4)
会のメンバーの方々とゲストで18名の参加。

20190623 (5)
事務所に集合し、釣座抽選の後、3号桟橋2号桟橋向き(内向き)手前から並びます。
私の釣り座は手前から15番目。

20190623 (6)
右隣りに一緒に参加の釣友で7尺竿で下針に固形餌、上針にバラケの短ハリスの
チョウチン釣り、左隣の神戸からゲスト参加の方も同じ釣り、その間で7尺のヒゲトロ
セットをする事にしました。

●天候
晴れのち曇り

●気温
23.0 /16.7 ※信楽

●タックル
竿 : ダイワ 荒法師武天 7尺
棚 : チョウチンヒゲトロセット
道糸 : ダン へら名人 ブラウン道糸 1号
上ハリス : ダン へら名人ハリス 0.6号7cm
下ハリス : ダン へら名人ハリス 0.6号/15 ⇒ 16 ⇒ 14 ⇒ 15㎝
上針 : オーナー バラサ 9号
下針 : オーナー とろ掛 5 ⇒6 ⇒5号
浮子 : 伊吹 両ダンゴ(パイプ) 2013 #7
※餌落ちはトップから4目出し

●バラケ餌
セット専用バラケ 100cc
パウダーベイトスーパーセット 200cc
パウダーベイトへら 100cc
水 100cc
※各餌は計量カップ山盛り

●クワセ餌
極上とろろハード
※2019年

20190623 (23)

午前7時過ぎに餌打ちを開始。

20190623 (8)
向かいの2号桟橋奥では、地元の知人の方が一人テントを出しておられます!
テントを出すのが正解かどうか、果たしてどうなるでしょうか?(笑)

20190623 (7)
暫く餌打ちを続ければ、アタリが出ると思いきや、なかなか浮子が動きません。
左隣りの方に1枚目がヒット、続いて左隣も!

20190623 (9)
私の1枚目は開始から40分ぐらい経過した頃。
誘い後、アタリを捉えたという感じではなく、ひったくる様な感じでヒットして来ました!

20190623 (10)
その後も、ポツリポツリとヒットしますが、ペースも型も今一つで釣りが合っていない感じ。

左隣の方は良い感じで釣られてフラシの交換をされましたが、全体的に厳しい感じ。

魚の気配はあり、桟橋の下にも沢山見えますが、列をなして泳いでいる光景も多くみられ、
未だセズリの時期なのかも知れず、餌を打っても浮子にサワリや糸ズレの動きはあり、
魚は居る様ですが、喰い気が無いのか、アタリに連動しません。

20190623 (13)
良型がヒットしペースアップを期待しますが、喰い気のある魚が回遊して来たからの様で、
単発で、また、厳しい状況になります。
針の大きさやハリスの長さ、バラケ餌のタッチを変えて見ますが、劇的な変化は見られません。
ヒットする魚は浮子を消し込んで持って行く様な強いアタリのものばかりで、喰い気のある
魚が回って来た時だけという感じでもあります。

左の方に続いて右隣りの釣友も検量を済まされます。

20190623 (14)
私の方は何とか11枚で午前中の釣りを終了。

20190623 (25)
昼食は事務所で人気のカツカレーを頂きました。

午後は、ヒゲトロセットも今一つなので、午後は竿を8尺、下針のクワセ餌を固形餌に
変更する事にしました。

●タックル
竿 : 飛天弓 皆空 8尺
棚 : チョウチンセット
道糸 :  へら名人 ブラウン道糸 1号
上ハリス : ダン へら名人ハリス 0.6号7cm
下ハリス : ダン へら名人ハリス 0.5号 25 ⇒30 ⇒35 ⇒ 20cm
上針 : がまかつ リフト8号
下針 : 鬼掛 喰わせヒネリ3号
浮子 : りきや T・RIKIYA(トーナメントシリーズ)チョウチンタイプ(PC) #6
※餌落ちはクワセ餌を付け、3目盛り出し

●バラケ餌
粒戦150cc
トロスイミー 50cc
セットガン 100cc
水 200cc
セットアップ 200cc
GTS 100cc
※昨年、10月にこの池で良かったブレンド。

●クワセ餌
力玉ハードⅡ
タピオカ(市販のタピオカスターチ35cc + 水70cc + 牛乳大さじ1+ガムシロップ少々をレンジで60秒 + 60秒 + 40秒 + 40秒)
※各間100回以上かき混ぜ、釣り場に持参しポンプ出し

20190623 (24)

20190623 (15)

固形セットに変えて餌打ちを開始しますが、この時期にしては細めの浮子を
使用しているのですが、意外にもスーッと馴染み、サワリやアタリも少なめ。

左隣の方は午前中と同様に、早々と1枚を釣り上げられています!

20190623 (16)
私の方も暫くして1枚目が釣れて来ますが、午前中同様に消込みでヒットする
感じです。
誘い後の浮子が馴染む際のハリスの倒れ込みで出るアタリを合わせても
尽く空振り。

稀にヒットしても、口まわりのスレが多くリリース。

20190623 (18)
なかなか釣れない時間が淡々と経過していきます。

バラケ餌を打ち切ったタイミングで魚の反応が悪いという事で、開きの良いブレンドに。

粒戦150cc
トロスイミー 50cc
サナギパワー 100cc
水 200cc
セット専用バラケ 100cc
セットアップ 200cc

20190623 (19)
午後、アタリを捉えて釣り上げた唯一の魚。(笑)

アタリが少ないのでハリスを延ばしても、短くしても同じ様な感じ。
(恥ずかしながら、午後に釣り上げた枚数が少ないので何とも言えませんが、
餌やセッティングを変更した際のタイミングでヒットしていた感じであったかも知れません。)

終了の午後4時前にこの日一番のアタリで合わせが決まったかと思いましたが、
スレ掛かりであったのか、魚が外れてしまいました。
寂しい釣果の中で最後は良い形で上りべらを釣る事が出来たと思った瞬間だったので、
悔しさが溢れて、地団駄踏んで悲鳴を上げてしまい、周りの方に大爆笑となりました。

20190623 (20)
そんな中でも釣る人は非常に狭い魚との接点を合わせられていた様で、
釣果を上げられていました!

1位は前の会長さんでチョウチンのヒゲトロセットで24.5kgを差し引いた釣果、
2位が私の左隣の方で短バリスのチョウチンセットで20.8kg、3位もベテランの
トーナメンターの方で19.6kg(共に枚フラシ分1kgを差し引いた重量)。
とても、厳しい状況の中で、これだけの釣果を出されていたのには、脱帽です!
他の例会でも上位の方はいつもと同じぐらいの釣果を上げれており、状況に対応
出来た人とそうでない人との差がかなり出ていました。

ちなみに私は7.0kg/15枚で16位と下位でした。

苦手な守りの釣りが出来ず、判っているのですが、浮子が動かない事で、誘いを
多用して攻め続けた事も駄目だったポイントだと思います。

そして、天気の方ですが、途中で、何度か、ポツリポツリで少し降りましたが、
その程度で、最後まで持ちこたえました。(笑)

20190623 (21)

20190623 (22)
帰りに、一緒に釣りを楽しんだメンバー4名で釣り池の近くの温泉に入り、
スッキリ汗を流して帰路に就きました。

チームTIC巧のみなさん、ご一緒にゲストの方々、有難うございました。
また、お伺いしたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

かぶちょワールド

Author:かぶちょワールド
ニックネーム : かぶちょ
年齢 : 47歳
大阪出身、関西でへらぶな釣りを中心に太刀魚やカワハギなどの船釣りを楽しんでいます。
2015年はタイラバの釣りも始めました。

最新コメント