FC2ブログ

記事一覧

2019年7月7日(日) 清和台天神釣り池

19710602 (2)
7月7日はステップアップ講習会で、兵庫県川辺郡にある天神釣り池に行って来ました。

20190707 (2)

20190707 (4)

20190707 (5)

20190707 (16)
当日は池の月例会や各例会、釣り教室などで満員状態。

天神釣り池
参加者17名、池の一番奥の3号と6号の桟橋に向い合せで入ります。

私の釣り座は6号の手前から3番目。

●天候
晴れ

●気温
28.2 /19.5 ※能勢

●タックル
竿 :  ダイワ 荒法師武天 7尺
棚 : チョウチンセット
道糸 :  へら名人 ブラウン道糸 1号
上ハリス : ダン へら名人ハリス 0.6号7cm
下ハリス : ダン へら名人ハリス 0.5号 15cm
上針 : オーナー バラサ9号
下針 : 鬼掛 喰わせヒネリ4号
浮子 : 伊吹 両ダンゴ(パイプ) 2013 #7
※餌落ちはトップから3目出し

●バラケ餌
粒戦 100cc
粒戦細粒 50cc
ペレ道 50cc
水 250cc
バラケマッハ 400cc
段差バラケ 200cc
ガッテン 200cc
軽麩 25cc

●クワセ餌
タピオカ(市販のタピオカスターチ35cc + 水70cc + 牛乳大さじ1+ガムシロップ少々をレンジで60秒 + 60秒 + 40秒 + 40秒)
※各間100回以上かき混ぜ、釣り場に持参しポンプ出し

20190623 (23)

20190707 (14)
右隣りの方は8尺ヒゲトロセット、右隣りの方は15尺の長ハリスのチョウチン両ダンゴの釣り、
その間で7尺竿で短バリス固形餌のチョウチンセットの釣りをする事にしました。

20190707 (7)
先に開始の右隣りの方がいきなり、両ダンゴの釣りで連続ヒットを決められますが、
私の方はこの時期にしては、なかなか浮子に良い動きが出ず餌を打ち続け、アタリが出ても
何度か空振りの後、開始から約50分ぐらい経過した頃にようやく1枚目がヒットします。

20190707 (8)
20190707 (9)
連続ヒットを期待しますが、1枚釣ると、浮子の動きが悪くなってしまいます。
暫く餌打ちをすると、また、浮子の動きが良くなり、アタリが出て2枚目、また、同じパターンを
繰り返し、10分ぐらいの間隔で2枚を釣り上げます。

右隣りのヒゲトロセットの方も8尺は厳しいと10尺に変更されました。

20190707 (10)
20190707 (11)
20190707 (15)
私の方も、徐々に感覚が開く傾向になってしまい、午前11時30分頃までに11枚を釣るのが
精一杯。をされて

20190707 (19)
その後は正午までの時間、向かいの3号桟橋で同じ釣りをされている、前回、甲南へらの池で
ご一緒の際に、この釣りで好釣果を出されている方の釣りを見せて頂きました。

20190707 (22)
昼食は池の食堂で、「わがまま定食」を頂きました。

●タックル
竿 :  ダイワ 荒法師武天 7尺
棚 : チョウチンセット
道糸 :  へら名人 ブラウン道糸 1号
上ハリス : ダン へら名人ハリス 0.6号7cm
下ハリス : ダン へら名人ハリス 0.5号 15cm
上針 : オーナー バラサ9号
下針 : 鬼掛 喰わせヒネリ4 ⇒5号
浮子 : 伊吹 両ダンゴ(パイプ) 2013 #7 ⇒#6
※餌落ちはトップから3目出し

●バラケ餌
粒戦 50cc
粒戦細粒 50cc
ペレ道 50cc
水 250cc
バラケマッハ 400cc
段差バラケ 200cc
ガッテン 200cc
GTS 200cc
軽麩 25cc

●クワセ餌
タピオカ(市販のタピオカスターチ35cc + 水70cc + 牛乳大さじ1+ガムシロップ少々をレンジで60秒 + 60秒 + 40秒 + 40秒)
※各間100回以上かき混ぜ、釣り場に持参しポンプ出し

向かいの桟橋で同じ釣りをされている方の釣りを参考に、セッティングや餌を
見直して、午後のフラシを入れての競技に臨みました。

20190707 (23)
それが早速、功を奏したのか、開始間もなく1枚目を釣る事に成功。

20190707 (24)
さらに、間もなく2枚目も!

しかしながら、その後は、なかなか安定して良いペースで釣る事が出来ず、
良い時間帯もあれば、なかなか釣れない時合いも。

20190707 (26)
浮子を1サイズ小さくしてみます。

20190707 (20)
20190707 (12)
すると、パタパタと良い感じでヒット!

午後2時半を過ぎた辺りから、周りが20枚ぐらいでフラシ交換。
その時点で私はまだ15枚にも届かないぐらい。

20190707 (25)
20190707 (11)
最後まで諦めずに頑張って、何とか1フラシ丁度!

そんな状況でも釣る人は釣っておられました!
1位の方は3号桟橋奥でペレ巻き(ペレットのバラケに喰わせはトロロ)のカッツケで23.8kg、
2位も3号桟橋で14尺のペレ宙のメンバーで17.4kg、3位には向かいの桟橋で私と同じ
釣りをされていた方が15.3kgでした。

3位の方の釣りを見せて頂きましたが、ふわっふわの餌で、餌付も上手くされていて、
浮子の動きも、馴染み込みで魚に上手く触らせて上手くアタリに連動するかたちで
とてもキレイに釣られていましたが、私の方はそれが出来ない分、浮子(短バリス
チョウチン仕様の浮子)を自ら動かし誘いを入れて早いタイミングでアタリを出す釣り
(あまりきれいではなく、無理矢理な感じの釣り)だったので、その差が釣果にも完全に
出ていたのかなと思います。
(あと、針も大きめが良かった様です。)

ただ、私の釣果は8.7kg/20枚(12位)でしたが、その方の釣りを見せて頂いた事で、
非常に勉強になり、午前中より午後の方が釣果を出せ良い勉強になりました。

さて、次に生かしていけるでしょうかね?(笑)

スポンサーサイト



プロフィール

かぶちょワールド

Author:かぶちょワールド
ニックネーム : かぶちょ
年齢 : 47歳
大阪出身、関西でへらぶな釣りを中心に太刀魚やカワハギなどの船釣りを楽しんでいます。
2015年はタイラバの釣りも始めました。

最新コメント