FC2ブログ

記事一覧

2019年9月16日(祝) 釣り堀センター菊水 追悼の釣り会

190916 (1)
9/16(祝)は和歌山県紀の川市の「釣り堀センター菊水』で5月6日に、お亡くなりになられた
先輩であり、釣友の方の追悼の釣り会に参加して来ました。

関東でダイワのフィールドテスターをされている方が、生前にご交流が深かった事より、
発起人となられ開催が決定した「偲ぶ会」で、当日、残念ながら仕事やプライベートの
用事で出席出来なかった方も多くいらっしゃいましたが、私を含め25人が集まりました。

池の4升目から6升目の両サイドに分かれて、釣友を偲んで釣りを楽しみました。

釣り座の抽選のクジを引く際に、同じ釣りクラブの方に頼まれ、その方の分と2枚クジを
引き、その方に選んで頂くと山側桟橋6升目の一番奥ヘチ。
そして、何と私は同じ山側桟橋の4升目の手前ヘチでした!
ヘチの釣り座は良いのですが、前日、この池の月例会に参加された方の話では、6升目は
釣れたが、4升目は厳しかったとの事でしたので、少し不安を抱きながら、釣り座に就きました。

大型を狙うのは、私には難しそうなので、数釣りを楽しもうと、チョウチン両ダンゴの釣りを
するため、10尺の竿を出す事にします。

●天候
晴れ

●気温
31.3 /24.5

●タックル
竿 : ダイワ 枯法師 10尺
棚 : チョウチン両ダンゴ
道糸 : ダン へら名人 ブラウン道糸 1号
上ハリス : ダン へら名人ハリス 0.6号 20 ⇒ 27 ⇒ 20cm
下ハリス : ダン へら名人ハリス 0.6号 28 ⇒ 35 ⇒ 28cm
上針 : 鬼掛 極ヤラズ 7号 ⇒ 鋒(きっさき)7号
下針 : 同じ
浮子 : migiwa XP(ボディー7.5cm) PCムクトップ
※餌落ちはトップから7節(ボディ肩から2節)

●餌
凄麩400cc
ガッテン100cc
粘麩 50cc
ダンゴの底釣り夏 80cc
水180cc

190916 (24)

190916 (2)
準備が出来て、餌打ちを開始。
先に始められた右側に座る同じ会の若手のメンバーは、18尺の両ダンゴで
早速竿を曲げています!

私は浮子が馴染み切ると餌を打ち返しますが、なかなか浮子は動かず、15分ぐらい
経過してようやく、アタリが出て来ますが、空振りばかり。

190916 (4)
まだ、タナに魚が薄い状態で、空振りになっているが、魚が多く集まればそのうち
ヒットするだろうと餌を打ち続けると、釣れるようになりました。

しかし、餌を打ち続けても、浮子が入り難くなるぐらいに魚が集まるという感じではなく、
2~3枚釣ると、また、魚が薄くなって、また、アタリが出ても空振りになります。

右隣りは、さすがの釣りで、大きな魚を釣っています!

●餌
カルネバ 200cc
GD(グルテンダンゴ) 200cc
バラケマッハ 400cc
水200cc

最初の餌を打ち切ったので、別のブレンド餌に。

190916 (9)
また、暫く餌を打ち続けて、魚を集めて2~3枚釣って...
という感じの釣りで、早釣りでも何とか皆さんと同じ様に3枚釣って景品を頂きました。
餌を変更した事により、柔らかい餌を持たせやすくなりましたが、あまり劇的に変化
とはなりませんでした。

のんびり、亡くなられた釣友を思い出しながら釣りは楽しめましたが、午前中は17枚と
何とも乗り切れない釣果でお昼休みに。

190916 (12)
午後は、午前中の釣りが今一つな感じだったので、せっかくの機会なので、関東から
来られていたテスターの方に1月のフィッシングショーでアドバイスを頂いて購入した
龍聖の16尺を使って楽しむ事にします。

●タックル
竿 : ダイワ 龍聖E 16尺
棚 : 1本半
道糸 : ダン へら名人道糸 ブラウン 1号
上ハリス : ダン へら名人ハリス 0.6号8cm
下ハリス : ダン へら名人ハリス 0.6号/15 ⇒ 13cm
上針 : オーナー バラサ 9号
下針 : がまかつ 角マルチ 6号
浮子 : クルージャン 初代 DAG-10.0
※餌落ちはトップから8節(ボディ肩から2節)

●バラケ餌
セット専用バラケ 250cc
パウダーベイトスーパーセット 500cc
パウダーベイトへら 250cc
水 200cc

●クワセ餌
極上とろろハード
※2019年

IMG_2557.jpg

最近の状況でヒゲトロセットは今一つとの話は聞いていましたが、祝日という事で、日曜日ほどの
混雑もなく、また、前日の月例会で一番大きな魚を釣られた方がヒゲトロセットだった様なので、
何が起こるか分からないという事で、試してみる事にしました。
(ペレ宙という選択肢もありましがた、当日、ペレ軽を自宅に忘れて来ていたのもヒゲトロセットを
する事にした理由でした。)

190916 (10)
餌を打ち始めますが、暫くしてアタリは出ますが、こちらの釣りも空振りばかり。
同じ様に、餌を打ち続けると、何度か空振りの後でようやく1枚がヒット!

その後も空振りが多いため、下針を13センチまで短くしてみました

ヒット率は上がりましたが、この池にしては小さなサイズばかり。
右隣りでは大きな魚が時折上がっているので、「さすがだなぁ~」と他人事の様に見ていました。

ヘラブナのアタリとジャミアタリが比較的似ており、前回、所属の釣りクラブの例会で、この池に
来た時に、この釣りで翻弄されてしまった事を思い出しながら、空振りを恐れず、小さな浮子の
動きでも合わせてみる事を心掛けました。

190916 (13)
すると、今までとは違い、ズシリと重い感触。
上がって来たのは良型のヘラブナ。
池の長寸大会で、蜂蜜が貰える42センチのヘラブナかと思い、お隣に確認をお願いして
測ってみると、何と!45.7センチ!!

190916 (20)
その後すぐに、また、44.0センチが来ました!!!

午後の釣りは11枚で終了。
皆さんより、数は釣れなかったですが、予想もしなかった大きな魚を釣らせて頂く
事が出来ました。

その後、終了時間まで関東から来られた方のハイペースの見事な釣りを見せて
頂きました。

190916 (22)
そして、午後3時になり会は終了。
池の長寸大会では、当日の2位になる事が出来ました。

190916 (15)
終了後、参加者みんなで事務所で形見分けの道具を頂きました。

190916 (16)
また、当日、会で一番大きな魚を釣り上げたという事で、高級浮子も頂きました。

大型の魚は私には無縁だと思っていたのに、思わぬ結果に。
亡くなられた釣友が釣らせてくれたのだと思います。
もっと、一緒に釣りをしたかったと思います。
カラオケにも機会があれば、行こうという話もしていました。
釣りをしている時はいつも一緒にいらっしゃる様に思っています。

最後に、ご家族、当日、お世話頂いた役員の皆様、ご一緒に参加頂いた皆様、
池主様、有難うございました。


スポンサーサイト



プロフィール

かぶちょワールド

Author:かぶちょワールド
ニックネーム : かぶちょ
年齢 : 47歳
大阪出身、関西でへらぶな釣りを中心に太刀魚やカワハギなどの船釣りを楽しんでいます。
2015年はタイラバの釣りも始めました。

最新コメント