FC2ブログ

記事一覧

2016年11月6日(日) 水藻フィッシングセンター

IMG_3906.jpg
11/4は貝塚市にある水藻フィッシングセンターで毎週第1日曜日に行われる、ステップアップに参加して来ました。

IMG_3880.jpg
IMG_3883.jpg
IMG_3882.jpg
この日は、5月と11月の年に2回、第1日曜日に開催される『リーダース関西』の底釣り大会に重なり、池は超満員の状況で、事務所で集合、受付の後、お顔馴染の方々が『リーダース関西』の大会に参加され、1号、2号の桟橋で奮闘されているのを横目に3号桟橋奥2号向きにの釣り座に向かいます。

会の中で8番の釣り座を引き、ほぼ真ん中、両隣、浅ダナの名手の間の釣り座に座ります。

●気温
19.2/11.4
●天候
曇り
●タックル
竿 : 9尺 (シマノ 飛天弓皆空)
棚 : 浅ダナ(タナ約40cm)
道糸 : ダン へら名人道糸イエロー 0.8号
上ハリス : ダン へら名人ハリス 0.5号7cm
下ハリス : ダン へら名人ハリス 0.5号30~35cm
上針 : がまかつ だんごマスター6号
下針 : がまかつ クワセマスター3号
      鬼掛 喰わせヒネリ3号
      鬼掛 喰わせヒネリ4号
      鬼掛 喰わせヒネリ2号
浮子 : 伊吹 浅ダナセット用 赤モデル #3.5
※餌落ちは3目出し
●バラケ餌
粒戦 50cc
粒戦細粒 50cc
セットガン 100cc
水 150cc
セット専用バラケ 100cc
ガッテン 100cc
GTS 100cc
パウダーベイトスーパーセット 100cc
●クワセ餌
感嘆Ⅱ(イエロー)
※カップに水20ccの中に感嘆Ⅱ20ccを入れ、蓋をしてシェイク

9尺で浅ダナの練習をする事にし、準備をします。
バラケ餌は上記、GTSまでを予定していましたが、水を少し多く入れてしまい柔らかくなったため、パウダーベイトスーパーセットを追加で調整します。

先に釣りを開始されている『リーダース関西』の方を見ると、端の釣り座に座られた方は魚を掛けて竿を曲げられていますが、その他の方の竿はあまり立たず、厳しい様子です。
急な冷え込みもあり池の水も冷たく、魚の活性も悪くなっているのかも知れません。

左隣のメンバーは7尺の浅ダナ、右隣のメンバーは7尺チョウチンを選択されましたが、先に釣りを開始された右隣の方の浮子も餌を数投打たれても動かない様です。

少し遅れて私も餌を打ち始めますが、15投ぐらい餌を打っても魚の気配がありません。
浮子を一旦、トップまでしっかり水中に沈め、餌のバラケとともにじわじわとトップが水面に出て来た後のアタリを狙います。

IMG_3884.jpg
餌を打ち続けていると、前振りもなく、いきなりの消込みアタリで1枚釣れて来ますが、その後はまた、静かになってしまいます。

左隣の方がその様子を見て頂いていた様で、動かない時はサワリも無く、浮子が馴染んだら、魚の反応が浮子に出るまで、直ぐに新しい餌を打ち返す様にご指導を頂きます。

10投ぐらい、テンポよく打ち返していると、浮子が馴染む際にふわふわとサワリが出始め、その後、浮子が餌落ち以上にフワッと上がり餌落ち目盛りが上がる
動きが出る様になり、本アタリが出そうな雰囲気になりますが、そこから、なかなかスパッと押さえるアタリに繋がりません。

IMG_3885.jpg
続けて餌打ちを続けると、理想的なアタリで2枚目がヒット!

IMG_3886.jpg
IMG_3888.jpg
連続ヒットを狙いますが、1枚釣ると魚のサワリやアタリが無くなり、また、餌打ちをして魚を寄せますが、サワリが出てもアタリに繋がらなかったり、餌打ちを続けていても急に魚の気配が無くなったりでお昼休憩までポツポツと4枚で終了。

IMG_3889.jpg
昼食後、午後はフラシを入れての釣り比べとなります。
浮子を竿先近くに付け、ほぼ竿の長さ分のタナを釣るチョウチンのセット釣りに変更しようかとも考えましたが、午前中、その釣りをされていたメンバーも苦労されている様子でしたので、とりあえず、そのまま午前中の釣りでスタートする事にしました。
午後から晴れるとの天気予報でしたが、どんより曇り空で風も次第に強くなり、水面が波立ち出したり、左右への流れが出たり、また、時折、ポツリポツリと雨も落ちて来ます。

丁度、バラケ餌がなくなったため、午前中、作りたかった餌の配合で準備。
●バラケ餌
粒戦 50cc
粒戦細粒 50cc
セットガン 100cc
水 130cc
セット専用バラケ 100cc
ガッテン 100cc
GTS 100cc

IMG_3899.jpg
当然の事ですが、午前中に集めた魚は休憩の間に居なくなり、一からの餌打ちに。
フラシを入れたためか、皆が真剣勝負モードになったためか、はたまた、午後の時合い落ちか、なかなか浮子が動きません。

IMG_3894.jpg
下針を35㎝、針を喰わせヒネリ3号に変更して餌打ちを続けると浮子が動き始め、待望の1枚が釣れて来ます。

IMG_3896.jpg
しかしながら、午前中同様に連続ヒットは少なく、針のサイズや餌のタッチを変えての拾い釣りとなります。

針を大きくしてみると1枚ヒットしたので、そまま続けると、その後はスレ掛かりになります。
針を小さくしてみても1枚ヒットしたので、これが正解かと思うも、今度は魚が餌を吸いきれないせいか、口回りのスレ掛かりとなってしまいます。

反応が悪いから、餌をラフ付けすると、水面下に魚が寄った様子が見受けられ、浮子が馴染む際にかなり動きが出て来ますが、アタリが出て合わせても空振りになってしまいます。

IMG_3897.jpg
柔らかい餌を打つと、浮子の動きが少なくなったり、アタリが出ても空振りが多くなり、硬めのボソ餌を打つとハシャいだり、上針のバラケ餌にヒットして来たり。
柔らか過ぎない、ややヤワ感のピンポイントの狭いタッチだったのかという気もします。

IMG_3898.jpg
しかしながら、浅ダナにしては良い型の魚がヒットして来ます!
美形の魚です。

IMG_3901.jpg
風もかなり強くなり、追い風がメインで向かい風でないのは幸いですが、時折、舞う感じで左右に流れが出て釣り難くなります。
風で沖へ流されるためか、浮子の反応も悪くなります。

IMG_3908.jpg
終了間際になり、ようやく日が差して来ましたが、完全な広い釣りで6枚で終了。

IMG_3909.jpg
重量はフラシ込みで4.6kg/6枚でした。

最下位を覚悟していましたが、意外に皆厳しかった様で、真中ぐらいでした。

トップは12kg、同じ3号桟橋事務所側で並ばれていた別の会では朝から1日の釣果で約28kg釣られていた方もいらっしゃった様です。

寂しい釣果でしたが、一日苦手な浅ダナの釣りの練習を楽しく出来た事が収穫でした。

IMG_3910.jpg
片づけをして事務所に戻ると、『リーダース関西』の表彰式が行われていました。
今回は91名もの参加があった様で、今度、一度、出てみようかと思います。

IMG_3916.jpg
帰りに道の駅に立ち寄り、最近、高騰している青菜系の野菜を買って帰りました。

スポンサーサイト



プロフィール

かぶちょワールド

Author:かぶちょワールド
ニックネーム : かぶちょ
年齢 : 47歳
大阪出身、関西でへらぶな釣りを中心に太刀魚やカワハギなどの船釣りを楽しんでいます。
2015年はタイラバの釣りも始めました。

最新コメント